SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
がんばれ錣山部屋!

いよいよ大相撲春場所が始まります。毎年、春場所で大和高田市内に構える錣山部屋は街を盛り上げ、市内のあちこちに大きな“のぼり”がたてられます。今日は駅前に“のぼり”立てられている近鉄高田市駅で早朝駅頭宣伝を行いました。がんばれ錣山部屋!

| 活動日誌 | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
早春の花めぐり

土庫病院「健生会友の会」東支部の皆さん22名で「早春の花めぐり」と題して春の大和郡山市へレクレーションで行ってきました。椿、約1000種を一堂に鑑賞することのできる椿寿庵、金魚すくいでおなじみの金魚から珍しい品種まで楽しめる郡山金魚資料館、郡山城址の盆梅展、そのあと城下町をゆっくり散策しながら「大和な雛まつり」を満喫しました。日頃、大和郡山市へは行くことはあっても一日かけてじっくり周遊することはなかったので改めて大和郡山市の魅力を再発見することができました。参加者の皆さんも「近場でこんないいところがあったんですね。ぜひ、また企画してください」と好評でした。

| 活動日誌 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017年度 奈良県一般会計当初予算案

2017年度、奈良県一般会計当初予算案についてインタビューを受けた内容が2月26日付の奈良民報で報道されました。その内容を数回にわたってこのブログでも掲載しています。

 

荒井県政は国の誘導業そのままに、大型開発発展推進の姿勢のようですが。

太田 奈良県は2017年度の予算編成にあたって、一般財源の増加が見込めず、自主財源が乏しい県は義務的経費が毎年増加する中、財政運営はいっそう厳しさが増すと予想しています。そのため、民間資金や国の予算など有利な財源を可能な限り活用することと、既存の施策の徹底した見直しを行おうとしています。

国からの補助金などを理由に取り組まれるプロジェクトは、仝営プール跡地のホテルを核とした賑わいと交流の拠点整備、∧疹覽楡彈辺魅力向上の朱雀大路西側地区整備、奈良公園及び周辺魅力向上事業、ぃ裡腺藤稗叩覆覆蘓と農の魅力創造国際大学校)周辺施設充実事業、テ猯標国際芸術家村の整備など目白押しです。民間資本を活用した高級ホテル建設は、政府の新しい観光戦略に基づいて全国的に展開する事業で、県が行う前述のプロジェクトのほとんどに組み込まれています。

これら5事業に対し、2017年度は51億9300万円(2016年度2月補正予算を含む)が予算化されました。

| 活動日誌 | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
宮本次郎県議、知事と論戦

代表質問がはじまりました。自民党、自民党奈良の会派の次に、日本共産党、宮本次郎県議が、知事と論戦しました。

 

 奈良公園に高級ホテルの誘致問題で、宮本議員が、日本政策投資銀行がおこなった、ホテルの需要と供給について、奈良県では、2015年、2030年いずれも、客室数は超過して、余っているとの結果を示して質問すると、知事は「旅館の稼働率が低い。部屋のほこり、施設が暗い、従業員の接客がわるい」とのべ「評判がわるく、努力をせずに、観光客のニーズにあわない。奈良のブランド力向上の妨げになっている」と、既存の宿泊施設を評価しました。高級ホテルが建設されれば、良い見本になり、レベルの低い宿泊施設も良くなると、上から目線での答弁に驚きました。厳しい規制を守りながら、長年営業努力を続けている地元宿泊業者に失礼です。

 

 また、宮本県議は「都市公園に、急遽、計画地を編入して、便益施設として高級ホテルが必要だと建設を推進するやり方は、間違っている」と指摘し、「都市公園法によってでも、便益施設として認められる範囲は制限されている」と示しても、知事は「公園の価値を高めるために必要であり認められる」と主張しました。

 

 また知事は周辺住民の反対運動についても「署名をしているのは、現地を知らない人。隣接する民家はホテルより大きい」とか、「ホテルなら誰でも利用できるパブリック施設となるが、個人の施設は、利用できない」などと、まったく筋違いな攻撃的反論をくりかえし、住民意見を聞く姿勢はありません。

 

 県民の大事な宝である奈良公園をどうするのか、市民・県民の意見を良く聞き、しっかりと議論しなくてはなりません。

 暴挙を止めるために、さらに運動を強めてがんばります。

| 活動日誌 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017年度 奈良県一般会計当初予算案

「財政健全化」を口実に徴税強化をさらに強めていますね。

太田 県は、財政健全化に向けた取り組みのひとつとして、税の徴収強化を挙げています。県税では、市町村も巻き込んだ「奈良モデル」協働徴収体制を充実し、滞納整理、納税促進を職員派遣や実行委員会をつくって推進すること、自動車税では給与差押を積極的に執行すること、遠隔地滞納案件では調査事務を民間委託して滞納の整理を強めるとしています。税外収入では、県有施設の名称を企業に売り渡す「ネーミングライツ」、ふるさと奈良県応援寄付金の受け入れ拡大に取り組むとともに、使用料手数料を引き上げます。さらに、未収金対策の強化として、県営住宅使用料(退去者の滞納家賃)や高校奨学金、母子父子寡婦福祉資金貸付金などを民間の債権回収業者などへ事務委託を行うとしています。民間をも利用して税を取り立てる冷たい県の姿勢が表れています。財政状況が厳しければ、不要不急の事業を見直すなど、歳出を見直すべきです。

| 活動日誌 | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大和高田市立高田商業高校卒業式

3月1日、大和高田市立高田商業高校の卒業式に参加しました。市商はここ数年、全国商業高校協会の検定1級への合格率が全国でもトップレベルになっています。また、3年間、一度も休まない皆出席の生徒も非常に多く、先生と生徒の深い絆でこの3年間頑張りぬいた様子が卒業式から伺えました。生徒の頑張りはまさに大和高田市の誇りです。卒業生のみなさん、本当におめでとうございます!

| 活動日誌 | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017年度 奈良県一般会計当初予算案

2017年度、奈良県一般会計当初予算案についてインタビューを受けた内容が2月26日付の奈良民報で報道されました。その内容を数回にわたってこのブログでも掲載したいと思います。

 

奈良県はこのほど2017年度の県一般会計当初予算案を発表しました。予算案の特徴などを、2月定例県議会で予算委員会に入る太田あつし県議に聞きました。

 

歳入と歳出はどうなっていますか。

太田 予算案の総額は4778億4900万円で、2016年度当初予算と比べると172億6800万円の減少(3.5%減)となっています。

 歳入は、主要な一般財源のうち、地方交付税は1539億円とほぼ前年度を維持しました。しかし一方で、県税が1145億円(前年度比▲25億円、▲2.1%)、地方消費税清算金が395億円(同▲29億円、▲6.9%)で、合計3566億円と前年度より35億円減少し、4年ぶりの減少になります。

特定財源では県債発行が543億円(同▲89億円)。2017年度末の県債残高見込み額は1兆599億円で、赤ちゃんから高齢者まで県民一人あたり78万円となり、引き続き高い水準です。

歳出全体では、厳しい財政の中、県が目指す既存事業の「選択と集中」が顕著に表れています。県職員の働き方改革に逆行し、かつ県民サービスを切り捨てる県職員の削減と、教師の多忙化にさらに拍車をかける教職員の削減を進める一方で、ホテルを核とした賑わいと交流の拠点整備、登大路ターミナル整備、奈良公園とその周辺の魅力向上事業など大型開発事業をいくつも進めています。

| 活動日誌 | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
転倒予防のストレッチ

土庫病院の友の会による健康班会、今日は池尻公民館で「転倒予防のストレッチ」と題して理学療法士の先生をお迎えして行われました。関節を柔らかくして手足、首などを体の中心から離すように伸ばしていく運動は高齢者だけでなく、私たちも効果を実感することができました。肩や首のコリがほぐれて気持ち良かったです。

| 活動日誌 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
吉野町議選が始まりました

今日から吉野町議選が始まりました。定数10人を13人で争う激戦です。やぶさか真佐(まさ)さんのブログより・・・「長い1日が終わりました。町議選第1日目大雪の中の出発式でした。町民の願いが未来につながる選挙です。子育て支援日本一を目指す吉野にふさわしい 選挙になるようがんばります」

| 活動日誌 | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハッピーロード大山商店街

東京都板橋区のハッピーロード大山商店街を視察してきました。1日の来街者数は34,000人(通行量調査年2回)これは、平日・休日変わりないそうです。また、2005年の『とれたて村』開店以降は通行者が増え続けているとのことでした。イベント年間250日開催し、市町村アンテナショップでは、産地が見える食材選びで、地方出身の方に故郷を感じてもらったり、学校給食の食材や、子育て施設を設置し子どもたちにも安心安全の食の提供するなど、盛りだくさんの取り組みに大いに刺激を受け、学ばされました。地元、大和高田の商店街にもぜひ、活かしていきたいと思います。

| 活動日誌 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |