SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
所すすむ候補、桜井市で個人演説会

昨夜、所すすむ候補は桜井市で個人演説会を行いました。「平和を守り、暮らしを守るために何としても私を国会へ送っていただき、比例代表でも日本共産党を伸ばしてください」との訴えに参加者からは温かい拍手が送られました。所すすむ候補の訴えも日に日にパワーアップし元気いっぱいで今日は朝から吉野町へと繰り出しました。

| 活動日誌 | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大和高田市経済会館 所すすむ個人演説会に100人の参加

大和高田市経済会館で日本共産党の所すすむ衆院奈良3区候補の個人演説会が開催され、約100人の皆さんにお集まりいただきました。この日は土庫病院医療後援会を代表して医師の吉川周作先生にもお話をいただきました。所さんが土庫病院で夜間の当直体制を確保するために医師の調整に奔走したり、平和を守る取り組みでは自ら辺野古へ行き、新基地建設反対の運動にかかわるなど所さんの真面目でまっすぐな人柄について紹介していただきました。私や向川まさひで市議は市政や県政をとのかかわりで国政を変えなければならず、そのためには比例代表でも日本共産党を大きく伸ばしていただきたいと、お話しました。所すすむ衆院奈良3区候補は「街頭では温かい反応が次々とかえってきます。平和を守れ、暮らしを守れの願いを比例代表では日本共産党に、選挙区では所すすむに託してください」と訴えました。

| - | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
葛城市で「所すすむ個人演説会」

葛城市当麻文化会館で行われた衆院奈良3区、所すすむ候補の個人演説会。ここ葛城市は衆院選と同じ投票日である10月22日に市議選が行われます。日本共産党公認の谷原かずやすさん、革新無所属の林ますほさんも応援に駆け付け衆院選と葛城市議選の勝利を訴えました。

| 活動日誌 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今日から衆院選が始まりました

いよいよ今日から衆院選が始まりました。奈良3区から日本共産党の所すすむさんが立候補し、近鉄大和高田駅前で出発式を行いました。「平和まもれ!暮らし守れ!の願いを比例代表では日本共産党、選挙区では所すすむへ託してください」との力強い訴えに参加者からは激励の拍手が沸き起こりました。大門みきし参議院議員も駆けつけていただき、希望の党の実態を鋭く告発していただきました。今日から12日間、元気いっぱいがんばります!

| 活動日誌 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いよいよ明日から総選挙

明日の選挙に向けて沢田ようこ、向川まさひで両市議ががんばっています。いよいよ明日からです。がんばります!

| 活動日誌 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
おかげまつり

目前に控えた総選挙。大忙しの連休ですが、大和高田の片塩商店街を中心としたおかげまつりのパレードに参加しました。商都高田の再興を願って商店街をパレードしました。

| 活動日誌 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小池晃参議院議員を迎えて街頭演説会

大和西大寺駅前で行われた小池晃参議院議員を迎えての街頭演説会は950人のみなさんにお越しいただきました。小雨の中、足を止めて話を聞きいる通行人が何人もいました。有権者の方々がこの選挙に大きな関心を寄せていることが改めて伺えました。「ブレない政党」日本共産党への躍進に期待しているみなさんの期待に応えるために何としてもがんばります!

| 活動日誌 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
所すすむ予定候補と十津川村へ

所すすむ衆院奈良3区予定候補とともに五條市大塔町、十津川村、野迫川村を一日かけて回ってきました。6年前の紀伊半島大水害からの復旧復興状況、これまで奈良県の経済を支えてきた林業の実態、少子高齢化による過疎問題など役場や地域の皆さんとの懇談で切実な願いを聞かせていただくことができました。所すすむさんもこれまで医療や福祉の現場で働いてきた経験を生かして国に対してどのような要望を届けていくべきか皆さんにお伝えし、心の通い合う交流を行うことができました。奈良県南部においては保守も革新も垣根を越えた待ったなしの課題が山積しています。所すすむさん衆院奈良3区予定候補は「今日、お寄せいただいた願いを何としても国会へ届けなければならない」と決意を新たにしています。

| 活動日誌 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
奈良県業者後援会 決起集会

10月5日、奈良県業者後援会の決起集会が橿原市で行われました。会場いっぱいのみなさんにお集まりいただき、井上良子1区候補、しもとり純一2区候補、所すすむ3区候補が気迫のこもった訴えを行いました。業者後援会のみなさんにとって消費税の増税は中小業者の死活にかかわる大問題です。10%になれば国民一人当たり約4万円の増税が押し付けられます。また消費税の「使途の変更」はさらなる税率引き上げの布石であり、認めることができません。大企業や富裕層に応分の負担を求める真の税制改革こそ必要であることを改めて確認し、目前に迫った総選挙勝利を誓い合いました。

| 活動日誌 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
奈良県議会本会議が開催されました

奈良県議会が開催され、補正予算や条例の制定などが審議されました。日本共産党奈良県議団は概算事業費、約95億円かけてつくる(仮称)奈良県国際芸術家村の整備事業費8億8624万7千円が含まれる「奈良県一般会計補正予算(第一号)」と「奈良県都市公園条例の一部改正」について反対しました。他の議案には賛成しました。

 

討論の内容は以下の通りです。
日本共産党を代表して討論を行います。
奈良県一般会計補正予算(第一号)ですが、(仮称)奈良県国際芸術家村整備事業8億8624万7千円が計上されています。整備基本計画の中で示されているように奈良の文化財修復技術の継承を進めることは大事なことだと思います。しかし、芸術家村ということですが、文化財修復、展示棟や伝統工芸施設のほかに、道の駅、農村交流施設、サイクルステーションなどを併設、さらには民設民営で公募するというホテルまで計画されています。県民からは、にぎわいをつくるための複合施設としての整備だと受けとめられており、「なぜこれが芸術家村なのかわからない」との感想も寄せられています。年間利用者数予測約55万人、年間の経...済波及効果、約18.6億円が示されましたが、立地場所は交通の便が良いとは言えず、事業ごとに見ても採算がとれるのか疑問です。県内には板金、屋根、金具、左官、彩色、畳、建具、石といった分野で文化財の修復が行われていますが、どの分野においても後継者が不足して困っているとお聞きしました。しかし、このすべてが国際芸術家村に拠点を設けることができるとは決まっていません。概算事業費、約95億という巨額を投じるならまず、切実な課題となっている県内の現場で文化財の修復を行っている人材の確保をもっと充実するべきです。また、全体の事業費を圧縮する意味でもホテル建設など複合施設としての大がかりな施設整備は必要ないと考えます。以上のことから奈良県一般会計補正予算(第一号)は反対です。

次に議第63号、奈良県都市公園条例の一部を改正する条例です。これは国の都市公園法の一部が改正されることによる遵法改正です。都市公園内において保育所など社会福祉施設の設置を可能とするとともに、公園内でカフェ、レストラン、コンビニなどの収益施設の設置と同時にその周辺の広場の整備などを一体的に行う民間事業者を公募し、選定する制度が創設されるということです。都市公園の中にこれらの集客施設を設置する場合、公園の利用者や地域住民などの理解を基本的な精神として考慮する必要があります。
奈良県では2012年2月に策定された奈良公園基本戦略に基づいて、多くの住民の再検討を求める声に立ち止まることなく、世界に誇る名勝奈良公園内の吉城園周辺地区と高畑裁判所跡地に高級ホテルやレストランなどを設置・建設する計画をすすめています。
奈良公園は、1922年に国の名勝に指定され、その魅力を維持するために古都保存法や奈良市風致地区条例など幾重にも規制の網をかけ、行政はこの規制をまもり、住民や地元商店もそれを受け入れ、奈良公園は寺社と自然が一体となった景観と環境を保全してきました。
 奈良公園は県民のかけがえのない財産として地元住民をはじめとする県民が守ってきた、だれもが利用できる公共の空間です。「隣接する住民に事業内容について全く説明がないのはなぜか」という意見や事業そのものについても「文化庁や奈良市の許可をもらう前に住民の意見をまず聞くべきではないか」という意見など、地元に対する説明や事業計画についても、疑問が残され、納得いく説明になっていない状況が多数見受けられました。現状変更については行政だけで決めるのではなく、地元住民をはじめ広く県民の意見を聞いて合意と協同を大切にしてすすめなければなりません。奈良県都市公園条例の一部を改正する条例は、地元住民をはじめ広く県民の意見を聞くための協議会の立ち上げの設置義務を明記するなど公園の利用者や地域住民などの理解を求める仕組みを作るべきですが、この条例にはその点が確認できないことから認めることができません。以上の理由により議第63号、奈良県都市公園条例の一部を改正する条例については反対です。

残余の議案には賛成いたします。討論は以上です。

| 活動日誌 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |