SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
「健康まつり」中央舞台も盛り上がりました

昨日行われた「第31回 健康まつり」中央舞台では大正琴や歌、踊りの披露も行われました。中央舞台の最後は大人気のダイアンの漫才とあって会場は超満員に。JR高田駅前東広場と奈良県産業会館両方とも大いに盛り上がり思い出に残る楽しい一日を過ごすことができました。

| 活動日誌 | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第31回「健康まつり」晴天の中、大盛況

第31回目となる健生会友の会の「健康まつり」。晴天の中、多くの皆さんにお越しいただき、大盛況のうち無事に終えることができました。お越しいただいたみなさん本当にありがとうございました。私と向川まさひで市議、沢田ようこ市議はバザーやこんにゃくに山菜ご飯の販売を行いました。中央舞台では大正琴や歌、踊りの披露、そしてダイアンの漫才も大いに盛り上がり思い出に残る楽しい一日を過ごすことができました。

| 活動日誌 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いよいよ明日、第31回健康まつり

いよいよ明日となりました第31回健康まつり。JR高田駅東側広場と奈良県産業会館で朝10時から午後3時まで行います。明日のみなさんのお越しをお待ちしています!

| 活動日誌 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
5年後には浸水ゼロに

奈良県は5月17日、大和川流域市町村と連携して雨水を貯留する施設等を整備する治水対策を新たに進める方針を明らかにしたとの内容が18日の朝刊各紙で報道されました。こここでは「5年後には浸水ゼロに」との目標も示されました。奈良県では大和川総合治水条例が今年度から施行されました。県民の皆さんに条例の施行によって治水対策が進んでいることを実感してもらうことができるように私も頑張ります!

| 活動日誌 | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3000万人署名へのご協力を!

今日は所すすむ市党青年学生部長とともに地域を訪問し、3000万人署名のご協力をお願いしました。初めて訪問する家もありましたが署名に快く応じていただきました。所さんは当直明けでしたが少しでも課題の推進をと頑張っています!

| 活動日誌 | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
地域産業計画・地域経済振興策への向き合い方を考える

5月15日、第44回市町村議会議員研修会二日目は愛知大学の鈴木誠教授による「地域産業計画・地域経済振興策への向き合い方を考える」というテーマで講演を聞きました。今、大企業を中心に外需を利用して日本企業の海外進出が急激に拡大しています。もともと、日本は貿易国家として貿易黒字が経常黒字を支えてきましたが、2005年からは海外生産からの所得流入による所得収支の大幅黒字が基調となり、日本は投資国家へと変貌を遂げています。内需は、先進国6か国で唯一、実質賃金を下げる中で低迷しています。外需依存による所得の集中は東京などの大都市へ、地方は、内需低迷、可処分所得の低下で若者など新たな世代の家計を支えられない状態となっています。
 今、地方自治体、特に市町村の産業政策(地域産業計画)が大きく変わろうとしています。企業誘致一辺倒の政策を見直し、若者の行動力とネットワーク、ベテランは職業経験と老齢年金を活かし、多世代が共生しビジネスや会社を地域から興し、災害に強く、回復力のある地域づくりを後押しする中小企業振興条例・小規模企業振興条例、・地域産業振興条例などを制定し、地域社会から産業を興し、育てることに価値を置く「産業自治」宣言が始まっています。その意義や方法、成果や教訓などを多面的に捉えることができました。また、今回の研修会の開催地、岡山では岡山デニムが地場産業として発展しています。地方での地場産業が厳しい中、岡山デニムがブランドとして確立した背景なども教えていただきました。実際に駅前のお店も行ってお話も聞かせていただきました。

| 活動日誌 | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
公共施設、空き家、コンパクトシティをどう考えるか

5月14日、第44回市町村議会議員研修会に参加してきました。第一日目は奈良女子大学の中山徹教授による「公共施設、空き家、コンパクトシティをどう考えるか」というテーマでした。大和高田市では現在、奈良県の中でも空き家率が高い水準で推移していますのでこの課題をどうすれば解決できるのかを学ぶという事が今回の研修会の参加の目的の一つでした。空き家が増えている背景には人口減少が大きな問題となっています。この解決策としてコンパクトシティをどう進めるのかが今、国で進められています。しかし、国による居住地を小さくする誘導策はありません。また、コンパクトシティを進める際、医療や福祉、教育など近隣市町村との広域的な調整も必要になってきますがこうした機能がないということも明らかになりました。まずは東京一極集中やコンパクトシティによる中心部への集中を引き起こすと地方や郊外では空き家が増え、中心部では住宅が不足するというムダが生じるため、行政施策による不必要な需要を作り出すことを止めさせることが大切であることが分かりました。

| 活動日誌 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「おひさん食堂」

毎月恒例のこども食堂「おひさん食堂」。5月12日のメニューはからあげ、サラダ、ごはん、味噌汁でした。途中で食材が足りなくなり鶏むね肉やごはんを買いに行くなど大盛況でした。土庫病院の職員さんや地域のボランティアの皆さんも手ごたえを感じておられました。みなさんお疲れさまでした。

| 活動日誌 | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保護にゃん達の幸せ譲渡会

保護された猫の譲渡会が5月12日、大和高田市で開かれました。奈良県では今年度「第二次動物愛護管理推進計画」が策定されました。ボランティアで猫の保護に頑張っているみなさんには本当に頭が下がる思いです。県民の皆さんが納得できる取り組みとなるように私も役割を果たしたいと思います。

| 活動日誌 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
奈良県建築士会高田支部事業報告会

5月11日、奈良県建築士会高田支部事業報告会に来賓として参加しました。建築士会では建築文化の進展 建築物防災対策等に取り組んでおられます。とりわけ、この日は「空き家問題」について話題が及びました。大和高田市は県内でも相対的に空き家が多く存在します。建築士会、市、県、国あげてこの課題の解決に向けて進めていく気運が広がりました。私も県議会の建設委員会の一員として「空き家対策」に取り組んでいく決意を述べました。いろいろな団体にお招きいただけることは本当にありがたいことです!

| 活動日誌 | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |