SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
大和高田で新型コロナ陽性反応

大和高田駅前の商業施設トナリエから新型コロナウイルス陽性反応が出た方がいたという知らせを受け、日本共産党高田議員団で朝から大和高田市役所へ行き、県に問い合わせるなど対応を行っています。昨日から情報が出始め、今錯綜しているとのことで改めて説明を受けることになっています。発症者が出た店は休業しますが、トナリエ全館休業措置を取らないことに不安を感じている方もおられます。正確な経緯の情報提供など県に求めています。

| 活動日誌 | 11:06 | comments(0) | - | pookmark |
八尾はるお、山田みつよ両候補、広陵町議選元気に出発

八尾はるお、山田みつよ両候補が元気に訴え、無事に出発した広陵町議選。小中学校のエアコン設置や住宅リフォーム助成制度の継続、就学援助金の入学前支給などを力に今度はゴミ袋代半額、公共交通の充実目指して両候補は最後まで頑張ります!

| 活動日誌 | 14:55 | comments(0) | - | pookmark |
自粛と補填は一体に

いよいよ桜の満開が目前に迫ってきました。昨日は沢田ようこ大和高田市議と地域を訪問し、お話を伺ってきました。ある牛乳屋さんでは「今のところ新型コロナウイルスの影響はあまりないが、学校へ牛乳をおろしているところが心配」など聞かせていただきました。建築関係の方ともお話することができました。「自粛と補填は一体に」直接お話を聞けば聞くほどこのことが実効ある感染防止策であることを実感します。

| 活動日誌 | 23:55 | comments(0) | - | pookmark |
太田あつしがゆく!3月号が完成

太田あつしがゆく!3月号が完成し、日曜日に一般新聞への折り込みを行い、「しんぶん赤旗日曜版」へ折り込みを行う予定です。今回は新型コロナウイルスについて大きく取り上げました。終息が見通せない中、不安も広がっています。ぜひ、ご意見などお寄せください。

| 活動日誌 | 14:57 | comments(0) | - | pookmark |
高田川沿いの桜が咲き始めました

大中公園沿いを流れる高田川沿いの桜が咲き始めました。本来であれば露店の出店がこのころから目立ち始める頃ですが今年は見送られ、桜祭りやライトアップなども行われません。市外からも多くの観光客が訪れていただけるせっかくの機会なのに残念でなりません。新型コロナウイルス感染の早い収束を願うばかりです。

| 活動日誌 | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
国民の苦難解決

日本共産党はコロナウイルス対策本部を立ち上げ、「国民の苦難解決」という立党の精神に立ち、各地各分野での聞き取り調査活動や行政への申し入れを行っています。お隣の広陵町で訴えていると新聞配達中の男性から「共産党頑張れ!とにかく景気を良くしてくれ!」と激励していただきました。

| 活動日誌 | 08:39 | comments(0) | - | pookmark |
水害を抑える工事が行われることになりました

大和高田市内にある国道165号線日之出町交差点南側には大雨が降ると水がついてしまう箇所があり、以前から地域の住民の方々から「何とかならないか」と私や向川まさひで市議に相談が寄せられていました。この道路を管理する国土交通省近畿地方整備局に申し入れたところ「水がつく箇所の工事は水路の改修が難しい。何か良い方法がないか考えたい」旨の話を伺っていました。この度、下流の水路を広げることによって水の流れを良くすることで水害を抑える工事が国土交通省近畿地方整備局によって行われることになりました。いよいよ気候も暖かくなりはじめ、大雨を心配しなければならない季節が近づいてきました。今回の工事で少しでも水害が抑えられるように私も注視してまいります。

| 活動日誌 | 08:33 | comments(0) | - | pookmark |
山村さちほ県議が反対討論

奈良県議会本会議最終日、日本共産党県議団を代表して新年度予算案に対し山村さちほ県議が反対討論に立ちました。予算の組み替え提案でも指摘をした年々縮小を迫られている「大立山まつり」や文化財を破壊することにつながる大和北道路、五條市に建設を予定している2000メートルの滑走路の建設などは認められず、見直しを求めました。日本共産党以外に維新なども反対しました。

| 活動日誌 | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
新年度予算案の組み替えを提案

奈良県議会本会議最終日、日本共産党県議団を代表して新年度予算案の組み替えを提案しました。「一方的な官製イベント」と批判の声が上がっている「大立山まつり」、平城宮跡の地下にトンネルを掘り埋蔵文化財に大きな影響を与える「大和北道路」などの見直しを求め、子どもの医療費や福祉医療費の完全無料化や大学生向け給付型奨学金の創設など提案しました。賛成少数で否決されましたが引き続き、県政の無駄を指摘し、県民の願い実現に頑張ります!

| 活動日誌 | 19:29 | comments(0) | - | pookmark |
いよいよ明日が本会議最終日

平成29年度まで奈良県では県営住宅に入居する際、原則保証人が必要でした。しかし、繰り返し議会で取り上げ、平成30年度から65歳以上の高齢者や1〜4級の身体障害者、1〜2級の精神障害者については連帯保証人を免除する特例措置ができました。その条件として「2親等以内に親族がいない場合に限られること」となっています。
 2親等とは「本人および配偶者から2世代を隔てた関係にある親族。祖父母・兄弟姉妹・孫など」です。県営住宅に当選した70代の方で連帯保証人が見つからないため「入居できないのではないか」との相談が生川しんや御所市議を通して寄せられました。この方は事情があって数十年来、会ったことのない子どもがいる為に連帯保証人を免除する特例措置を受けることができないことになってしまいます。子どもとは連絡を取ることはできないとのことでした。
 3月10日に開かれた県議会の建設委員会でこれらの状況を説明した上で「高齢者が県営住宅へ入居する際、連帯保証人について2親等以内で連絡が取れない親族がいる場合は入居をあきらめなければならないのか。相談に乗ることはできないのか」と質問したところ「具体の対応というものを考えていきたい」と高齢者で二親等以内に親族がいる場合でも連帯保証人を立てることが困難な場合は相談することが可能であるとの考え方を引き出すことができました。生川しんや御所市議も当事者と一緒に県の担当者に直接会って相談してくれていたことも県が詳しい事情を把握することになり、前向きな答弁につながったと思います。今議会の貴重な成果の一つでした。いよいよ明日が本会議最終日です。
| 活動日誌 | 08:36 | comments(0) | - | pookmark |