SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< 大和高田市立高田商業高校卒業式 | main | 宮本次郎県議、知事と論戦 >>
2017年度 奈良県一般会計当初予算案

「財政健全化」を口実に徴税強化をさらに強めていますね。

太田 県は、財政健全化に向けた取り組みのひとつとして、税の徴収強化を挙げています。県税では、市町村も巻き込んだ「奈良モデル」協働徴収体制を充実し、滞納整理、納税促進を職員派遣や実行委員会をつくって推進すること、自動車税では給与差押を積極的に執行すること、遠隔地滞納案件では調査事務を民間委託して滞納の整理を強めるとしています。税外収入では、県有施設の名称を企業に売り渡す「ネーミングライツ」、ふるさと奈良県応援寄付金の受け入れ拡大に取り組むとともに、使用料手数料を引き上げます。さらに、未収金対策の強化として、県営住宅使用料(退去者の滞納家賃)や高校奨学金、母子父子寡婦福祉資金貸付金などを民間の債権回収業者などへ事務委託を行うとしています。民間をも利用して税を取り立てる冷たい県の姿勢が表れています。財政状況が厳しければ、不要不急の事業を見直すなど、歳出を見直すべきです。

| 活動日誌 | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://ota.jcp-nara.jp/trackback/2216