SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< 宮本次郎県議、知事と論戦 | main | 早春の花めぐり >>
2017年度 奈良県一般会計当初予算案

2017年度、奈良県一般会計当初予算案についてインタビューを受けた内容が2月26日付の奈良民報で報道されました。その内容を数回にわたってこのブログでも掲載しています。

 

荒井県政は国の誘導業そのままに、大型開発発展推進の姿勢のようですが。

太田 奈良県は2017年度の予算編成にあたって、一般財源の増加が見込めず、自主財源が乏しい県は義務的経費が毎年増加する中、財政運営はいっそう厳しさが増すと予想しています。そのため、民間資金や国の予算など有利な財源を可能な限り活用することと、既存の施策の徹底した見直しを行おうとしています。

国からの補助金などを理由に取り組まれるプロジェクトは、仝営プール跡地のホテルを核とした賑わいと交流の拠点整備、∧疹覽楡彈辺魅力向上の朱雀大路西側地区整備、奈良公園及び周辺魅力向上事業、ぃ裡腺藤稗叩覆覆蘓と農の魅力創造国際大学校)周辺施設充実事業、テ猯標国際芸術家村の整備など目白押しです。民間資本を活用した高級ホテル建設は、政府の新しい観光戦略に基づいて全国的に展開する事業で、県が行う前述のプロジェクトのほとんどに組み込まれています。

これら5事業に対し、2017年度は51億9300万円(2016年度2月補正予算を含む)が予算化されました。

| 活動日誌 | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://ota.jcp-nara.jp/trackback/2218