SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< 元興寺の文化財修復センター | main | 奈良県南部で活動する議員と県議団で意見交換会 >>
大和高田市で大雨被害

午前7時前から天候が急に不安定となり大雨が降りました。気象庁によると大和高田市では1時間に100ミリ以上の猛烈な雨が観測されたとのことです。普段、水害のないところでも冠水が起こり、床上浸水も数件確認されました。また近鉄、JRとも運転見合わせとなり、それに伴って遮断機が上がらず、市内各地で大渋滞が発生しました。ある方は市内を移動するだけで普段10分くらいで行けるところで1時間半かかったり、ポンプ車や土嚢を運ぶ車が移動できないなどさまざまな課題が明らかになりました。明日から9月議会です。みなさんからお聞きした声をしっかり届け、改善に向けて取り組んで行きたいと思います。

| 活動日誌 | 15:21 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
太田様
本日はお忙しい中春日町を視察して頂きありがとうございました。大和高田市に於いてはなかなか雨対策が進みませんが今後ともご尽力頂きますよう宜しくお願いします。
本日の雨の状況をメール致しますのでご参考にして下さい。
| s.minami | 2017/09/12 9:22 PM |

先日はありがとうございました。大変貴重な写真を送っていただき本当にありがとうございます。
議会でも活用させていただきたいと思います。
| 太田あつし | 2017/09/15 9:40 AM |

奈良県議会議員 太田あつし殿

はじめまして。
大和高田市礒野東町在住の○○と申します。

大和高田市の雨水排水対策が、遅々として改善されず、
雨水側溝(ドブ溝)は草がボーボーはえては、雨水で押し流されては、詰まって、浸水。排水能力のキャパ不足、改善工事が進んでいないことににより、いつも、アンダーパスでは冠水し、迂回道路も渋滞。
十数年移り住んできてから、床下浸水に3度もあっており、
市政に辟易しております。
中学校の耐震工事の設計依頼事件、コスモスプラザの高値費用に見合わない交流事業、そこへ、多額の費用による新庁舎建て替え、ところが予定建設場所の土地の広さが問題になるなど、行き当たりばったりの製作でお金を使うことと、象徴的な建造物を建てることにしか目が行ってないのでしょうか。。。
件からの工事費用もちょろまかしてもおとがめなしの市政、期待するのは最低限、毎年ゲリラ豪雨の危険にさらされる気候ですから、浸水回避、雨水排水対策を一番に掲げて実行して頂きたいものです。 いつ来るか、来ても一度程度の災害地震の対策に新庁舎の立て替え効果より、毎年、かつ年数回の被害を回避する雨水浸水排水対策の方が重要課題だと思います。市民が移住してしまうことになれば市政も死活問題になるのではないでしょうか。コスモスプラザの有効利用を図り、市民が安心して毎日暮らせる大和高田市の住環境を早急に改善して頂きたく存じます。
市民の皆様の署名運動も展開することも検討中です。
ご多忙の折、大変恐縮ではございますが、なにとぞ、ご査収くださいますようよろしくお願いいたします。
| livetakada | 2017/09/25 10:02 AM |

ブログにコメントしていただき、ありがとうございます。
こちらに手違いがありましてお返事が大変遅くなって本当に申し訳ありません。
貴重なご意見をいただきありがとうございます。

水害対策についてはこれまで県政報告会などで皆さんからご意見を伺い、県議会で繰り返し取り上げてきました。
大和川総合治水条例の制定やアンダーパスの改善など少しづつではありますが前に向かって進めているところです。
今年もまた、県政報告会を大和高田市内で予定していますので、お話を聞かせていただければと思います。

また、お気づきの点などございましたらよろしくお願いします。
せっかく貴重なご意見をいただいたにもかかわらず、お返事が遅くなったこと、本当に申し訳ありませんでした。
どうか今後ともよろしくお願いします。
| 太田敦 | 2018/03/08 4:19 PM |










http://ota.jcp-nara.jp/trackback/2355