SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< 奈良県老人福祉施設協議会と懇談 | main | 大和高田市民マラソン大会 >>
なぜすすまない?日本の再生可能エネルギー

2月3日、ならまちセンターで「なぜすすまない?日本の再生可能エネルギー」と題した講演会が開かれました。講師は2月1日のしんぶん赤旗一面トップに「送電線9割空きも」という記事が掲載された時に登場した安田陽・京都大学大学院経済学研究科特任教授でした。タイムリーなことに奈良で新聞報道から2日後にお話しが聞けるとあって参加しました。関心を持たれている方も多く、会場は参加者でいっぱいでした。安田氏は世界中で再生可能エネルギーが促進されているのになぜ、日本では進まないのかという問題を「太陽光などの再生可能エネルギーの中小業者が送電線を所有する大手電力会社から送電線が空いていないとして発電・売電を事実上拒否されている」という事例を通してその理由を報告していただきました。しかし、今回の調査で空き容量がゼロとされている送電線が実際には2〜18%しか使用されていないのではないかという調査報告は驚きでした。東京電力福島第一原発事故から7年を迎えようとする今、改めて原発から再生可能エネルギーへの転換を求めていく声をあげていく必要性を感じました。

| 活動日誌 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://ota.jcp-nara.jp/trackback/2444