SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< 子育てママの視点を県政に | main | 歌と踊りと野点(のだて)の祭典 >>
いよいよ明日は投票日

いよいよ明日は投票日です。


 

生駒郡区は定数が3から2に減らされ、4人が立候補するという大激戦のまま明日、投票日を迎える様相です。奈良県がすすめる「県立高校再編計画」は宮本次郎県議が一貫して議会で取り上げ、生徒や保護者などの皆さんの意見が反映されるように見直しを求めてきました。昨年の6月議会では奈良県議会の宮本次郎県議による県立高校を33校から30校にする「県立高校再編計画見直し」を取り上げた代表質問には約80人が議場に駆けつけて傍聴席が人であふれるという状況となりました。また、宮本県議の質問に鳴り止まない拍手に議長が注意するという私も経験したことのないような議会でした。宮本県議が県民の声をしっかりと汲み上げ、よく準備も行ったことで高校再編成問題を県民の声を的確に代弁することで関心が高まりました。80人の傍聴者を前に教育長は「人口減少」「実業教育強化」などを理由に、普通科高校の削減・再編成と学校数削減を合理化し、「様々な議論や手続きを経ている」と答弁し、怒りが広がりました。私たちは引き続き、県立高校再編計画の凍結を求めます。県民から広く意見を募ることは否定するという強行姿勢を転換させ、平城高校を閉校にして、その跡地に奈良高校が入る計画見直しを願う皆さん、宮本次郎を勝たせてください!8人の日本共産党県議団実現で教育守れ!この願いを示すためにお力お貸しください!

| 活動日誌 | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://ota.jcp-nara.jp/trackback/2738