SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< 山崎たよ候補大健闘 | main | 頭と体をきたえて転倒予防 >>
公的病院を守れ!

昨日から今朝にかけて地域の医療を担ってきた公立病院などの「再編統合について特に議論が必要」とする病院名を公表したことに地方から反発の声が上がっていることがテレビや新聞で報道されています。奈良県でも済生会奈良病院、済生会中和病院、県総合リハビリテーションセンター、済生会御所病院、南和広域医療企業団吉野病院が対象病院となっています。日本共産党奈良県議団としても10月7日に県に対して「公立病院再編統合の押し付けをやめるよう国へ求めることを、強く要望する」申し入れを行いました。来週にも済生会病院などとの懇談も計画しています。県に申し入れた内容は下記のとおりです。

2019年10月7日
奈良県知事 荒井正吾 殿

地域医療を崩壊させる「再検証」に強く抗議し、撤回を求める
                  
日本共産党奈良県議団
                       団長 山村さちほ
今井光子
小林てるよ
太田あつし

厚生労働省は9月26日、病床数を削減することを目的に、全国の公立・公的医療機関を対象に、再編・統合の必要性について、「再検証」を行い、全国424の病院について「再編統合について特に議論が必要」とする分析をまとめ、病院名を公表した。奈良県内では、済生会奈良病院、済生会中和病院、県総合リハビリテーションセンター、済生会御所病院、南和広域医療企業団吉野病院が対象病院とされたが、早くも現場から、頭ごなしの国のやり方に批判が高まっている。今後、地域の医療計画をつくる各都道府県に対し、地域内の他の病院などと協議しながら20年9月末までに対応方針を決めるよう求めるとともに、病院への統合や病床数の削減、診療機能の縮小などを25年までに終えるよう要請するとしている。
全国1652の公立・公的病院(2017年度時点)のうち、1455病院の診療実績をもとに分析したが、厚労省が424病院を選んだのは、がんや救急など診療領域で(1)他地域と比べて実績が少ない(2)近隣に同程度の実績を持つ病院がある等、機械的基準によるものであり、奈良県内の5病院においてはそれぞれの病院が有している歴史的な役割、地域での役割や交通事情、無料定額診療やリハビリなどの特別な医療をおこなっている現状が全く考慮されていないものである。地域の実情と住民の切実な声を踏まえないまま、「周産期医療を他の医療機関に移管」「夜間救急受け入れの中止」「一部病床を減少」「(高度)急性期機能からの転換」などの対応を例示し、公的医療体制の縮小を迫るものとなっていることは重大である。
 国は、全都道府県につくらせた「地域医療構想」をてこに病床削減を狙っているが、現在のスピードでは2025年の期限までに病床削減の目標が達成できないとして、「もう一段の対応が必要だ」と問題視し、都道府県に対して構想区域ごとの調整会議で、公立・公的病院に統合再編など「再検討」を要請、重点区域を設定し、統合再編の方向性などについて直接助言するといった対策を次々打ち出してきている。
厳しい現状の中で地域医療を支える医療機関の努力に応え、医師不足の解決など地域医療提供体制を拡充することこそ、国や県に求められている。
 よって、奈良県におかれては、「再検証」による病院名公表を撤回し、病床削減ありきの公立病院再編統合の押し付けをやめるよう国へ求めることを、強く要望する。

| 活動日誌 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://ota.jcp-nara.jp/trackback/2859