SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< 保護猫の譲渡会 | main | コミュニケーション手段の選択を >>
エコノミックガーデン

1月14日、日本共産党大和高田議員団で鳴門市へ行き、エコノミックガーデンという取り組みについて学んできました。鳴門市ではかつて塩田による製塩業が主たる産業でした。そこから化学・製薬業などが大きく発展し様々な関連企業が育っているとのことです。しかし、一方で小売業などは事業所数・従業員数とも大きな減少がみられるそうです。また、従業員数が29人以下の中小企業以下の企業が大半を占めています。全国にある中小零細業者と同じような状況が鳴門市でも共通して広がっており、また中小企業の経済活動は市民生活に直結しているという点では行政の役割も求められています。こられのことから大企業に頼る地域経済でなく中小企業も元気な街へと施策を鳴門市としても進めているとのことでした。そして地元の中小企業が長生きして繁栄するような環境を創出するという理念のもと「エコノミックガーデン」という施策が行われています。この中で鳴門市の職員が企業訪問を繰り返し、地元企業との信頼関係を築き、また、企業同士をつないで相乗効果を発揮させていく役割を行政として積極的に取り組んでいることが分かりました。また、鳴門市にある高校の卒業生が鳴門市で働くことができるような取り組みも行っていました。

| 活動日誌 | 15:32 | comments(0) | - | pookmark |