SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< 「いろどり事業」と「ゼロウェイスト」 | main | 奈良県日本共産党会議 >>
香川県で水道事業広域化について学びました

香川県庁で水道事業広域化についてお話を伺ってきました。奈良県では県域水道一体化策に併せて、地下水を利用した自前の水道を廃止して、県営水道100%に切り替える県内市町村が相次いでいます。奈良県や市町村では、全国・全県下の水道事業が抱える課題である「人口減少による水需要の減少」「老朽施設の更新や耐震化対応による費用の増大」「職員の減少、退職に伴う技術力の低下、人員不足」に対応するための方策と説明していますが、県域水道一体化を行った香川県での実態をお聞きしました。まず、香川県は渇水による水不足が発生し、断水せざるを得ない状況が幾度もあり、この問題を解消するために市町村間で水不足を補い合うための一体化だということや、県の面積が日本で一番小さいという地の利を生かしていることなど奈良県と状況が異なることが分かりました。全国的にはまだ、県域水道一体化は進んでいるとは言えません。奈良県でも慎重に議論する必要があります。

| 活動日誌 | 23:38 | comments(0) | - | pookmark |