SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< パチンコ店など休業要請へ | main | 奈良県知事が記者会見 >>
県民の公共交通機関を守れ

先日、日本共産党奈良市議団と県議団でバス会社とタクシー会社へそれぞれお話を聞きに訪問しました。どちらも売り上げが大幅に落ち込んでいるとのことでした。バスもタクシーも県民の移動手段として大切な役割を担っていますが、最初に奈良在住のバスの運転手が感染したことで奈良公園が大きくテレビや新聞などで大きく映し出されたことやその後、大阪や兵庫で緊急事態宣言が出されて利用者が激減したとのことです。観光シーズンで本来なら貸し切りバスがフル稼働しているはずが、ほとんど動かず、移動の自粛が呼びかけられており、夜間・高速バスまで運休しているとのことでした。またタクシー利用は主に病院の送り迎えで利用してくれるお客さんが多かったものの高齢者を中心に通院を控えたことで激減し、4月に入るとほとんど需要が無くなったそうです。そしてタクシーではこの時期、吉野山に行く方が多く予約してくれていたがそれも無いとのことでした。
 雇用調整交付金など申請し従業員の生活をまもるための努力も行われていましたが、固定費となる車検費や税金など減免の要望も切実でした。それぞれ感染者を出さないために大変な緊張感を持っていましたが、タクシー運転手のマスク不足は深刻でした。奈良市が実施した飛沫感染防止のためのセパレーターカーテン設置は大変、喜ばれていました。県内全体のタクシーに徹底するように働きかけてまいります。
 行動制限をするなら補償の具体策をセットにして打ち出すことが必要です。県としても県民になくてはならない公共交通機関を守るために対策を取るように求めてまいります。
| 活動日誌 | 08:46 | comments(0) | - | pookmark |