SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< 奈良県総合医療センター | main | 新型コロナQ&A 暮らしと営業 お役立ち編 >>
水道料金に減免制度を

現在、水道料金については全国的にも引き下げの動きが広がっています。大阪堺市など全国的にも水道料金の基本料金を免除する自治体が見受けられます。奈良県内においても水道事業について大和高田市をはじめとする9市町が水道料金の徴収猶予の実施・減免が行われています。これらの動きに対して県は応援すべきです。
 しかし、奈良県の水道条例には減免の規定がありません。紀伊半島大水害の時には主に南部の被害が多かったために奈良県の条例を検討する必要はなかったようですが、この機会に災害時を想定したような減免制度を検討する必要があります。4月の28日に行われた奈良県議会の建設委員会で水道条例に減免を盛り込むように求めました。新型コロナウイルスの影響が広がる中、暮らしを応援する施策が求められています。この課題については引き続き取り上げてまいります。
| 活動日誌 | 12:32 | comments(0) | - | pookmark |