SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< それいけ!宮本次郎のYoutube動画、2作品目です | main | 奈良・橿原市議選3議席回復目指して山崎タヨさんが決意 >>
新型コロナ第2次補正予算案スピードと実効性を

今朝はJR高田駅前で早朝のご挨拶を行いました。安倍政権が新型コロナウイルス感染拡大の対策のため2020年度第2次補正予算案(総額約32兆円)を決定しました。4月末に決まった第1次補正予算(約25兆円)は事態の深刻さに見合うものではありませんでした。国民の暮らしと営業の打撃ははかりしれず、コロナの影響による企業の解雇や雇い止めは厚生労働省のまとめだけで1万人以上に上り、また企業の倒産や休業・廃業見通しも3万5000件に達しています。こうした状況の中、国民の声によって、第2次補正予算案では、医療、雇用、中小企業などへの支援策が大幅に拡充されました。医療では、コロナ対策のための「緊急包括支援交付金」を2兆2370億円が計上。企業が従業員に支払う休業手当の一部を補助する雇用調整助成金は日額上限を8330円から1万5000円に。休業中に賃金を受け取れなかった人への給付金を創設。地方自治体への交付金を2兆円増額。中小企業や個人事業主に対する家賃支援。学生への支援策は、対象が狭いという問題は残しながらも、盛り込まれました。国民世論の力が政治を動かした成果です。今後は一刻も早く国民の手に届けるために、スピードと実効性が求められます。私もそのために私も全力挙げて取り組む決意を述べました。

| 活動日誌 | 15:01 | comments(0) | - | pookmark |