SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< アベノマスク、使わない方は土庫の鍼灸へ | main | 高校生の県外流出率全国ワースト1改善を >>
県として水道料金の引き下げを

県下の市町村では、新型コロナウイルス感染症の影響から家計を支援するために、水道料金・基本料金を減免する対策が39市町村のうち25の自治体で実施されています。また、自治体の負担軽減を行うために、県営水道料金を引き下げてほしいという要望が出されています。市町村議会でも6月議会において「新型コロナウイルスの感染症拡大の影響に伴う県営水道料金の引き下げを求める意見書」が大和高田市、大和郡山市、橿原市、川西町、斑鳩町で決議が可決されています。太田あつし県議は建設委員会で「市町村の要望や意見書に応えるため、県として水道料金の引き下げを検討すべき」と質問しました。県は市町村が減免する部分は国からの補填があることを理由に県として支援を行うとは回答しませんでした。

また、奈良県水道用水供給条例には減免に関する規定がありません。紀伊半島大水害では県南部に広がったことから、減免に関する条例の規定を検討する必要がなかったとのことですが、これ機に災害時を想定した減免制度を検討すべきと求めました。

| 活動日誌 | 17:12 | comments(0) | - | pookmark |