SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< 今井県議「政府が核兵器禁止条約に調印を求める決議」提案 | main | 2000坦蠢路建設を考える県民集会 >>
「避難所の抜本的強化を求める意見書」が全会一致で可決

「災害対策の強化及び避難所の設置運営に対する抜本的強化を求める意見書」が全会一致で可決しました。

近年、局地的豪雨や巨大台風をはじめ、毎年のように大規模な災害が発生し、少なからぬ数の住民が避難所生活を余儀なくされ、今後、地震が発生した場合、多くの避難者が発生することが想定されています。とりわけ新型コロナウイルスの感染拡大の局面では、大規模災害時の避難所対策の強化は喫緊の課題であり、早急に体制整備を図ることが求められています。

国は今年4月、新型コロナ禍で災害が起きた場合、通常より多くの避難所を開くよう都道府県等に通知し、感染者は「一般の避難所に滞在することは適当ではない」としています。このような中、避難所等における感染症関係物資・設備の感染症対策は都道府県によってばらつきがあり、十分とはいえません。国において、新型コロナウイルスによる集団感染予防を想定し避難所等の感染症対策に対する予算措置など、更なる支援に取り組むことを求める意見書を太田敦県議が趣旨弁明を行い全会一致で可決しました。

| 活動日誌 | 10:12 | comments(0) | - | pookmark |