SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< 昨日は1人、今日は2人の入党者を迎えました | main | 幻の名画 奇跡の再演 >>
空が青いから白をえらんだのです

しんぶん赤旗でも取り上げられた詩人・寮美代子さんが編者を務めた詩集「空が青いから白を選んだのです」が8月8日付けの読売新聞夕刊15面で大きく掲載されていました。この詩集は奈良少年刑務所の受刑者による詩集です。実際に読んでみると「えっ、こんな詩を書く人が罪を犯したの?」と思うほど繊細で母親への思いが本当に素直に表現されています。それぞれの詩が心に響き、また、このような詩を授業の中で引き出す寮美代子さんの力もすごいと思いました。文庫本は476円(税別)で売っています。ぜひご一読を。
| ひと時 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://ota.jcp-nara.jp/trackback/526