SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
<< 香芝市民守る市政に転換を | main | 4.18消費税反対ひろげる講演とリレートーク >>
ブータン、これでいいのだ

最近、読んだ中で印象に残ったのが「ブータン、これでいいのだ」という本です。国の場所がどこにあるのかもほとんど気に止めたことはありませんでしたが、インドと中国という二つの大国に挟まれたのがブータンで人口は約70万人とのこと。1972年に国民総幸福量(GNH)という概念を提唱し「幸せの国」として注目され、昨年11月に国王と王妃が来日した事も大きな話題となりました。

本にも書かれていましたが「ブータンというと貧しくてもつつましく幸せに生きている国」という先入観が私にもありました。しかし、読みすすめていくと現在のブータンのリアルな実態が浮き彫りになります。例えばブータンに暮らす人々は自信に満ちていて約束事に縛られず、物事が順調に進まなくても不安や焦りをほとんど抱かないそうです(こんなところ自分も見習いたい・・・)。やるべき仕事が進んでいなかったとしても「できなかったんだから仕方がない・・・」という国民性に著者が魅力を感じると同時に日本人として「それでいいのか!もっとがんばるべきではなかったのか!」と突っ込みたくなるような葛藤に駆られたり、ブータンの若者がiPadやブランドに惹かれる様子なども報告されていて楽しく読むことができました。
| 本の紹介 | 07:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://ota.jcp-nara.jp/trackback/787