SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
奈良県高田こども児童相談センター

大和高田市にある「奈良県高田こども児童相談センター」へ日本共産党県議団、所すすむ大和高田市議、いくかわ真也御所市議で視察に行ってきました。マスコミなどで報道される痛ましい虐待死亡事例が立て続けに起こっていること、児童虐待に関する社会的関心が高まり通告が増加したことなどにより、センターの役割が注目されています。こどもの安全と安心を守るために必死の取り組みが行われていることを改めて学ばせていただきました。あらゆる面で、こども児童相談センターの充実は切実な課題です。

| 活動日誌 | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
太田あつしがゆく!」8月号現在、配布中です

奈良県議会報告「太田あつしがゆく!」8月号が完成し、現在、配布中です。1面は災害や交通事故から県民の命を守る取り組みについて、2面は更生保護女性会総会、遺族会総会など市民と県政を結んでの様子などを掲載しています。いよいよ9月議会が目前に迫ってまいりました。ご覧いただいたみなさん、ご意見やご感想などお寄せくださいね。

| 活動日誌 | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
奈良県高校生議会

今年で8回目となった夏の県議会の恒例行事の一つ、奈良県高校生議会が今年も8月19日、奈良県議会本会議場で行われました。若者の就労対策をはじめとする産業振興、観光、防災など高校生議員が多岐にわたった質問を知事や教育長などに行いました。高校生ならではの視点で提案も多く取り入れられ、傍聴している私たちも大変勉強になりました。本会議終了後には18歳選挙権が施行されたことに伴い、どうすれば若い皆さんが政治に興味関心を持ってもらうことができるのかなどについて率直な意見交換を行いました。高校生の本音が聞けて大変有意義な時間を過ごすことができました。

| 活動日誌 | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
語り継ぐ戦争

8月18日、第29回平和の集いが大和高田市にある奈良県産業会館で行われました。今回のテーマは「語り継ぐ戦争」と題して大阪大空襲を経験した92歳の元看護師の三枝美子さん、戦争当時、大阪で8歳だった佐々木章夫さんがそれぞれ当時の様子をリアルに語ってくれました。また、戦争当時の「すいとん」の再現や竹とんぼなどをつくって遊びながら戦争の怖さを子どもに伝えるお母さん方の姿が印相的でした。語り部のみなさんの平和への願いをしっかりと次世代へとつなげていくため、決意を新たにすることができた平和の集いでした。

| 活動日誌 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大和高田市戦没者追悼行事

8月12日、朝から大和高田市の戦没者追悼行事が行われました。戦後74年が経過し、ご遺族の皆様方には大変なご苦労があったここと思われます。平和憲法は変えるのではなく、今こそ守り輝かせるときです。戦争の惨禍に思いをはせ、平和な社会発展のため、より一層の努力をしていくために私もがんります。

| 活動日誌 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大和高田市市民協総会

7月29日、大和高田市市民団体連絡協議会の総会が行われました。平和を守り、医療や介護など社会保障を前進させる取り組み、住みよいまちづくりへ向けて等、様々な意見が出されました。私も役員として役割を果たすことができるように頑張ります!(^^)!

| 活動日誌 | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
高田活活(いきいき)祭り

7月27日、大和高田市内の天神橋筋商店街周辺で行われた高田活活(いきいき)祭りが開催されました。地元特産品販売やバザーなどで会場が賑わいました。私たちも健康チェックなど行いました。

| 活動日誌 | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「全国地方議員社会保障研修会」無事に終わりました

昨日まで3日間にわたって行われた2019年度大阪社保協主催の「全国地方議員社会保障研修会」は大阪ミナミの難波で行われました。最先端の知見をたっぷりと吸収し、久しぶりに都会の雰囲気に浸りながらおいしい食事もいただき、全国の地方議員さんとも交流することができて充実した3日間を過ごすことができました。主催者と講師の皆さん、そして参加者の皆さん本当にありがとうございました!(^^)!

| 活動日誌 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保都道府県単位化と自治体での課題

2019年度大阪社保協「全国地方議員社会保障研修会」3日目最後の講座は神田敏史先生による「保都道府県単位化と自治体での課題」というテーマでした。

奈良県の2018年度の国保料の実態は40代夫婦子ども二人で年間所得300万円なら53万5497円(12市平均)で所得に占める割合は17.9%にもなり、負担の能力を超えています。

2018年度から、国は国民健康保険の「都道府県化」をスタートさせ、財政運営の責任は県が担当することになりました。県は県内の保険料水準の統一を進めるとともに市町村が高い保険料を軽減するために行ってきた一般会計からの繰り入れをなくすことを求めています。これにより32市町村で国保料が上がります。保険料が統一される2024年度の一人あたり平均保険料は、3市村で30%以上、6町村で20〜29%も上がる見通しです。

 国民の4人に1人が加入し公的医療保険として重要な役割を担う国保が、他の医療保険と比べて不公平な状態に置かれ、住民に重い負担を強いていることは、制度のあり方として大問題です。その解決を図ることは政治の責任です。今日は国保の都道府県単位化をめぐる自治体の動きを振り返るとともに都道府県における課題についてわかりやすく教えていただきました。また、奈良県で進められようとしている地域別診療報酬についても触れていただきました。

| 活動日誌 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
全国地方議員社会保障研修会

今日から3日間の日程で大阪社保協主催の「全国地方議員社会保障研修会」に参加しています。初日は女性と子どもの貧困の実態と自治体での課題、第7期介護保険制度の内容と問題点など盛りだくさんの内容を学びました。9月議会に活かせるように自分のものにしていきたいと思います。全国の地方議員さんと交流できるのもこの研修会の醍醐味です^_^

| 活動日誌 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |