SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
高田小学校入学式

高田小学校入学式に来賓として参加してきました。97名の新一年生が入学しました。緊張した様子の子どもたちが新入生氏名点呼では元気よく返事を行い、「一年生になったら」を大合唱する様子など微笑ましい雰囲気の中で行われました。また、6年生が「新入生を迎えることば」の中で「心配なことや不安なことがあっても大丈夫。私たちがついています」と話している様子は頼もしく、6年生になるとこんなにしっかりするんだなぁと感心しました。

| 活動日誌 | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
奈良県議会で核兵器廃絶を求める決議が全会一致で採択

3月議会最終日、奈良県議会で全会一致で核兵器廃絶を求める決議が上がりました。今井みつこ県議が核兵器廃絶被爆者署名に県下のすべての自治体が平和首長会議に入っており、平和首長会議も被爆者署名に取り組むことになっていて、議会もぜひ協力をという申し入れを行ったところ、川口正志県議会議長が積極的に動いたことにより、今回の決議に至りました。4月3日、奈良県原水協、奈良県労働組合連合会、新日本婦人の会の皆さんが議長にそのことのお礼にこられ、私も同席させていただきました。
| 活動日誌 | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
土庫交差点に信号が設置されました

中和幹線池尻工区(藤森松塚間)が開通して以来、危険箇所として指摘されていた土庫交差点に2017年3月23日信号が設置されました。私もこの交差点を車やバイク、自転車でよく通過しています。危険を感じたこともあり、県警察へ信号の設置を要望してきました。この区間が開通してから約7年が経過しましたが、その間、多くの方々からの要望が寄せられていました。また、沿道に店ができたり、消防センターができるなど信号設置の必要性がさらに高まり、今回の設置につながりました。大和高田市内には道路の危険箇所の改善要望が出されているところがまだあります。引き続き交通対策改善に向けて頑張ります。

| 活動日誌 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「県議会だより」が間もなく完成します

2月から始まった奈良県議会が閉会日を迎えて一週間。先週水曜日は材木町公民館で、また昨日は南後援会のお花見会で議会報告を行わせていただきました。現在作成中の「県議会だより」が間もなく完成します。来週には皆さんにお届けさせていただく予定です。ご覧になられたみなさん、ご意見ご感想をお寄せくださいね。

| 活動日誌 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「子ども食堂や学習支援活動など、子どもの貧困対策の更なる推進を求める意見書」可決

先週金曜日に最終日を迎えた2月定例奈良県議会、日本共産党が提案した「子ども食堂や学習支援活動など、子どもの貧困対策の更なる推進を求める意見書」が全会一致で可決しました。今議会では子ども食堂に対する補助などが新年度予算に盛り込まれました。子どもの貧困対策に向けて引き続き取り組んでまいります。写真は本会議で提案する山村さちほ県議。内容は以下の通りです。

 

子ども食堂や学習支援活動など、子どもの貧困対策の更なる推進を求める意見書

 近年、格差と貧困の広がりの中で「子どもの貧困」が社会問題となっており、厚生労働省の調査によると、子どもの6人に1人、ひとり親世帯においては2人に1人が貧困状態にあるとされています。賃金の引き上げやひとり親世帯への就労支援の充実、給付型奨学金や児童扶養手当の充実など、格差を解消するとともに貧困の連鎖を断ち切り、すべての子どもが希望をもって成長できる社会を形成することが求められています。
 そんな中、家に帰っても誰もおらず一人で過ごす子どもに無料もしくは安価で食事を提供し居場所をつくろうという「子ども食堂」とよばれる活動や学習支援等の取り組みが、全国的に広がっています。
 これらの取り組みは、子どもの貧困対策としてだけではなく、地域における子どもの居場所づくり、大人も含めた地域における交流を目的としており、すべての子どもの成長を地域社会全体で支えるという意味で、非常に有意義な活動です。
 しかし多くの場合、会場や交通手段、食材や講師の確保などをボランティアにゆだねるケースが多く、財源の乏しい自治体にとっては、取り組みの必要性が自覚されても具体化が遅れているのが実情です。
 よって、政府においては、格差と貧困の解消をはかるとともに、子ども食堂や学習支援活動などに取り組む地方自治体に対し、積極的な支援を行い、子どもの貧困対策の更なる推進を図るよう強く求めます。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
    平成29年3月24日                               奈良県議会
(提出先) 衆議院議長 参議院議長 内閣総理大臣 内閣官房長官 文部科学大臣 厚生労働大臣

| 活動日誌 | 06:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
吉村桜が満開になりました

おはようございます。昨日の香芝市議選は残念な結果となってしまいましたが、この選挙戦を通じて「森友学園」問題など大いに対話も弾みました。真相究明を求める声も広がっています。今朝は近鉄高田市駅で定例の早朝駅頭宣伝を行ってきました。来るべき解散総選挙に向けて気持ちを切り替えて頑張ります!
写真は「吉村桜が満開です」との連絡を受けて、老人保健施設「ふれあい」に行って撮ってきたときの様子です。吉村桜は「ふれあい」の元施設長で長年に渡って土庫病院の院長として地域のみなさんや患者さんから親しまれてきた吉村百助先生の名前をとって「ふれあい」の10周年を記念して植樹されたものです。吉村先生にも喜んでもらえるよう、暮らしや医療福祉の充実に向けて決意を新たにしました。
| 活動日誌 | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
清水ただし衆議院議員 緊急街頭演説

定数16を23人で争う多数激戦となっている香芝市議選で池田えい子、中井まさとも両市議の2議席を確保し勝利を、と清水ただし衆議院議員が昨日、緊急街頭演説を行い「森友学園」問題などについて国会報告を行いました。池田えい子市議も「税金の無駄遣いをやめさせて暮らし福祉充実に頑張ります」と元気いっぱい訴えました。

| 活動日誌 | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2月定例県議会が閉会しました

2月から行われた県議会が昨日、最終日を迎えました。私は日本共産党を代表して新年度予算に対する討論を行いました。

今、県民の暮らしは非正規雇用で収入が安定しない、年金が目減りする、医療も介護も負担がふえるなど厳しくなる一方です。2017年度一般会計予算案は県独自のドクターヘリの運航、「子ども食堂」を開設する団体を支援、県立高校の空調設備の拡充、通院を要する障害者の移動支援など県民の要望が一部予算化されていますが、「病院での窓口払いをなくして欲しい」といった子どもの医療費の助成制度の充実をはじめ、国保や後期高齢者医療制度、介護保険の税の引き下げなど、暮らし応援を求める切実な願いに応える予算となっていません。2017年度末の県債残高見込み額は1兆599億円で、赤ちゃんから高齢者まで県民一人あたり78万円となり、引き続き高い水準です。一方で、ホテルを核とした賑わいと交流の拠点整備、登大路ターミナル整備、また、国際芸術家村や吉城園周辺整備事業や高畑裁判所跡地整備事業など多大な税金をつぎ込むことに多くの県民からは暮らしの実態から理解できないとの意見が寄せられています。こうした理由から新年度予算案には反対しました。引き続き県民要求実現のために頑張ります。

| 活動日誌 | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
がんばれ錣山部屋!

いよいよ大相撲春場所が始まります。毎年、春場所で大和高田市内に構える錣山部屋は街を盛り上げ、市内のあちこちに大きな“のぼり”がたてられます。今日は駅前に“のぼり”立てられている近鉄高田市駅で早朝駅頭宣伝を行いました。がんばれ錣山部屋!

| 活動日誌 | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
早春の花めぐり

土庫病院「健生会友の会」東支部の皆さん22名で「早春の花めぐり」と題して春の大和郡山市へレクレーションで行ってきました。椿、約1000種を一堂に鑑賞することのできる椿寿庵、金魚すくいでおなじみの金魚から珍しい品種まで楽しめる郡山金魚資料館、郡山城址の盆梅展、そのあと城下町をゆっくり散策しながら「大和な雛まつり」を満喫しました。日頃、大和郡山市へは行くことはあっても一日かけてじっくり周遊することはなかったので改めて大和郡山市の魅力を再発見することができました。参加者の皆さんも「近場でこんないいところがあったんですね。ぜひ、また企画してください」と好評でした。

| 活動日誌 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |