SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

太田あつし がゆく!

奈良県議会議員 太田あつしの活動日誌
大和高田市議会議員として3期11年、参議院選挙の選挙区候補を経て現在は奈良県議会議員としてがんばっています。みなさまのご支援を心からお願いいたします。
第11回紀伊半島三県議会交流会議

第11回紀伊半島三県議会交流会議が和歌山県にある「ホテル浦島」で行われました。紀伊半島にある三重、和歌山、奈良の3県が防災や観光、農林水産業など共通する課題で意見交換を行い、政府に要望する内容などを検討する会議が毎年一回行われます。私は奈良県森林技術センターで行われていた竹を再生可能エネルギーへ活用する取り組みなどを紹介し、どの県でも人員や財政が厳しくなる中で各試験研究機関の交流を活発に行っていくべきではないかと提案させていただきました。この会議では他県の日本共産党の議員さんともお会いすることができるのも楽しみの一つです。今年は和歌山県から雑賀光夫県議が来られていました。かつては教員を務めておられたとっても優しい大先輩の議員さんです。

| 活動日誌 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
おひさん食堂 今日のメニューはから揚げ

㋆27日、土庫病院北側にある「ももの家」でこども食堂「おひさん食堂」が開かれました。この日のメニューはから揚げ、サラダ、おにぎり、味噌汁、デザートにスイカでした。この日も前回に続き100人を超える参加者があり、すっかり地域に定着しつつあります。ご飯を食べ終えた子どもたちは手作りのおもちゃで遊んだり、宿題をしたり思い思いに過ごしていました。子ども食堂は食事だけでなく、子どもの居場所づくりという点でも大切な場所です。今後も引き続き取り組みを進めていただきたいと思います。ボランティアのみなさんほんとにお疲れさまでした。

| 活動日誌 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「太田あつしがゆく!」7・8月号が完成しました

少し報告が遅くなりましたが、「太田あつしがゆく!」7・8月号が完成しました。1面は「大和川総合治水条例のパブリックコメントのお知らせ」や「上北山村の土砂崩れによる道路の通行止めの現場報告(現在は通行できるようになっています)」、「九州北部の豪雨災害支援募金の訴え」、2面は「子ども食堂が市内に新たにオープン」「北海道の新十津川町へ奈良県十津川村から移住して127年(町施行60周年)の記念式典に参加」「小中学校の教室にエアコン設置を」など掲載しています。大和高田市内の7月23日付の朝刊の折り込み広告の中に入っています。もし、まだの方がおられましたら是非ご覧くださいね。

| 活動日誌 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
御所市鳥井戸に流れる南太田川の河川改修を

御所市鳥井戸に流れる南太田川は昨年、台風による大雨で川から水が溢れ出し、民家まであと少しのところまで迫ってきたとのことです。今日は生川しんや御所市議と現場を訪ね住民の皆さんのお話を聞かせていただきました。「昔は人の身長ほどの川の深さがあったけど今は50センチくらいまで浅くなってしまった。上流から流れる土砂で埋まってしまう」「次の台風が怖い」「通学路なのでとにかく川があふれないようにしてほしい」など次々に要望が出されました。生川市議とその足で高田土木に向かい、住民の切実な要望を伝えてきました。早急に改善できるように生川市議とも力を合わせてがんばります。

| 活動日誌 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
五條市で大谷たつお市議後援会集会

7月23日、五條市で大谷たつお市議の自宅で後援会集会が行われました。この4年間、デマンドタクシーの改善や子どもの医療費の助成制度の充実、南奈良総合医療センターを含む五條病院や吉野病院の医師、看護師確保についてなど住民要求実現に向けて取り組んできたことが大谷市議から詳しく報告されました。参加者からは「全国では野党共闘が進んでいるが奈良県や五條市ではどうなのか」「マイナンバーカードの普及はどうなっているのか」など様々な意見や質問が出されました。私はこれまで大谷たつお市議とともに紀伊半島大水害で被災した地域に入り力を合わせて復旧復興に取り組んできたことを紹介させていただきました。

| 活動日誌 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
浮孔駅で所すすむ奈良3区予定候補と

昨日、中国から帰国し少々疲れは残っていましたが浮孔駅で定例の早朝駅頭宣伝を所すすむ奈良3区予定候補と行いました。中国から帰ってきて関空から車で高速道路を走っていたら夕焼けに感動し、日本の空気のきれいなことに新たな発見がありました。気持ちを切り替えて今日からまた頑張ります。明日は所すすむ奈良3区予定候補と地域訪問です。

| 活動日誌 | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
朝陽劇場で中国伝統芸術雑技を鑑賞

訪中初日の北京の夜は朝陽劇場で中国伝統芸術の一つである雑技を鑑賞しました。日本で例えるなら観光で大阪なんばに来た際に吉本新喜劇を見に行くような感じでしょうか。いくつのも椅子を縦に並べ、そのうえで倒立したり、自転車に何人もの人が乗り上へ上へと重なっていく演技、回転する二つの大車輪の上下を飛び跳ねるアクロバット、球体の大きなかごにバイクが次々入り8台ものバイクがくるくるとぶつからずに回る様子に会場は大いに盛り上がりました。

| 活動日誌 | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
北京市人大との意見交換会

最初に訪ねた北京市人大では中国が発表した4−6月期の国内総生産(GDP)は前年同期比6.9%増となっていることが報告されました。次の日の中国の新聞ではこのニュースが一面で大きく報じられていました。確かに、北京市内の中心部では至るところで建設ラッシュが見られ、そのどれもが高層ビルであり、経済が成長していること、そして建設の規模がどれもスケールが大きく、中国という国の大きさを肌で感じることができました。また、中国から日本への観光客数は全体でみると伸び悩んでいるということですが、関西への入国者数は増え続けていると...いうことで、中国も関西に注目していることが中国からの報告の中で伝わってきました。
しかし、一方で環境問題は深刻で、特に北京の中心部は常に靄がかかった状態で遠くを見通すことができませんでした。たとえが難しいのですが、日本で春になると大量の黄砂が飛んできた際に天候は晴れでも太陽が隠れてしまうことがありますが、あれをさらにひどくした状態で、個人差はあるかと思いますが、私は北京にいる間は目も喉も違和感がありました。中国に行く前に日中友好協会の方に現在の中国についてお話を聞かせていただいた際に、「中国の大気汚染はひどい。マスクを持って行ったほうが良い。相手に失礼がなければつけておいたほうが良い」とアドバイスしていただいていたのですが、私が想像していた以上に大気が汚染されていました。北京市人大からの報告ではこの大気汚染については改善しなければならないという認識に立っており、中国政府としても習近平国家主席が北京市を「住みやすい国際都市」を掲げており、大気、水、ごみなど環境改善に取り組んでいるということでした。2017年の北京市での計画ではPM2.5の改善など石炭や自動車工業にも取り組んでいて石炭、ボイラーなど重点的に改善を図っているとのことでした。新エネルギー車を13万台まで拡大する計画や2017年上半期、PM2.5が1立方メートル60マイクログラムという数字も報告されました。

| 活動日誌 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
関西府県議会日中友好訪問団

㋆18日から20日までの3日間、大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良で構成する関西府県議会日中友好訪問団33名で北京市と天津市を訪ねました。主には北京市人大との意見交換会、中国外交部への表敬訪問、天津市政府への表敬訪問です。今年は日中国交正常化45周年記念という節目の年にあたり、国では尖閣諸島などの問題で緊張が走ることもあるが、地方や民間での両国の交流を深めることによって平和を構築していくことが大切という共通した認識に立って今回の訪中が実現しました。

| 活動日誌 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
中国オペラ「鑑真東渡」

初めて生でオペラを鑑賞しました。日中国交正常化45周年を記念して中国オペラ「鑑真東渡」。鑑真和上が苦難を乗り越えて何度も日本にわたることに挑戦した様子を歌とオーケストラで表現した舞台です。鑑真和上は小学校の時に伝記などで知りましたが、最近では鑑真和上が苦難の末にようやく日本にたどり着き、創立したとされる唐招提寺は奈良の市長選、市議選で何度も前を通っていたので何とも言えない親近感を持ちながら舞台を見せてもらいました。歌も音楽も舞台上の演出もすべてが素晴らしく幻想的な雰囲気に包まれた贅沢な時間を久しぶりに過ごすことができました。

| 活動日誌 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |